筋トレコラム

ボクサー体型になりたい30代以上の男性のための筋トレ講座

30歳を超えた方がボクサー体型になりたいなら、効率のよい筋トレ方法を見つけて、挫折しない程度に頑張りましょう。筋トレは長く続けるのが大切なので、適切な運動量を知ることが大切です。

手軽に始められる自重トレーニング

ボクサー体型を目指す方が、一番簡単に始められるのは自分の体重を使ったトレーニングです。胸筋を鍛えたいのなら腕立て伏せを行い、腹部の筋肉を割りたいのなら腹筋を行うとよいでしょう。すべては自身の体重による負荷で行えるため、スペースがあればどこでも筋トレが可能です。

ちなみに下半身がヒョロヒョロだと、ボクサー体型とはいえないため、足を鍛えるためのスクワットもオススメです。腕立て、腹筋、スクワットが基本とされているので、まずはこれらを頑張って、もの足りなくなったなら徐々にメニューを増やしていきましょう。

道具を使ったウェイトトレーニングもオススメ

自重の筋トレよりも早く効果が欲しいのなら、ダンベルやバーベルを使ったウェイトトレーニングを始めましょう。ウェイトを使うと、細マッチョではなくゴリマッチョになると心配するかもしれませんが、重さを調節すればムキムキになることはありません。二十回程度で上げ下げの限界がくる重さが細マッチョ向きなので、しっかりと調節した上で筋トレをしましょう。

なお、ウェイトトレーニングの場合は、ベンチプレスとスクワットとデッドリフトの三つが初心者が始めるべき代表的なメニューです。この三つだけで全身の筋肉を鍛えられるため、バランスのよいボクサー体型になれます。

ちなみに、筋肉があったとしても、脂肪があればボクサー体型になれないので、体重を落すためにランニングなどの有酸素運動も行いましょう。脂肪燃焼には20分程度の継続が必要なため、きちんと時間を計って有酸素運動をしたほうがよいです。

筋トレを成功させる秘訣はプロテイン

ボクサー体型になるための筋トレはいろいろありますが、その効果を早めに実感したいのならプロテインを活用しましょう。体内環境が整っていなければ、筋肉を上手く作れないため、憧れの細マッチョになるのは難しいです。プロテインは筋肉を作る材料となるので、筋トレをやるのなら、まず始めに摂取すべき成分だといわれています。

もちろん、食生活をきちんと管理して、タンパク質の多い食事を心がけるのなら必要ありません。しかし、楽をしたいのならプロテインでの摂取がベストな選択です。動物性と植物性のプロテインがあるため、好きなほうを選びましょう。

ちなみにプロテインを飲む一番のタイミングは、筋トレを行った直後なので、事前に用意しておいて運動後にすぐに摂取しましょう。また、ダメージを受けた筋肉の修復にも使われるため、筋トレをしない日にも摂取する必要があります。

関連記事

  1. 加圧シャツを40代のメンズが着ても効果があるのか?

  2. 筋トレのサプリのおすすめの選び方3選

  3. 筋トレで40代オトコが成功する3つのポイントとは?

  4. ボクサー体型を目指す男性のためのプロテインの選び方3選

  5. 加圧シャツはいつ着ればいいのか?

  6. 筋トレで30代男性がやってはいけない3つのタブーとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP

実践記

加圧シャツと筋トレ(自重)で細マッチョになれるか

懸垂

実践記

体組成計のおすすめ タニタfitscan オムロンカラダスキャンと比較

筋トレコラム

加圧シャツはいつ着ればいいのか?

筋トレコラム

加圧シャツを40代のメンズが着ても効果があるのか?

筋トレコラム

加圧シャツがメンズにおすすめな3つの理由